普段使いできる婚約指輪とは

普段使いできる婚約指輪とは 「立派な婚約指輪をもらったけど、する機会がなくてすっかりタンスの肥やしよ」。
そう言っている女性は少なくありません。
婚約指輪にはダイヤモンドをあしらった指輪が多く選ばれるものですが、どうやら普段使いできない原因はそこにあるようです。
まず、婚約指輪が高価であることが挙げられます。
給料三か月分とまではいかなくとも、恐らく男性側は清水の舞台から飛び降りる覚悟の値段で購入しているはずです。
そして次に、ダイヤモンドは硬い鉱物だと言われていますが、それは何をしても傷つかないという意味ではありません。
大切な指輪を傷つけたいと思うのは当然のことでしょう。
さらに、デザインが理由となっている場合があります。
婚約指輪では立て爪でダイヤモンドを支えたデザインが一番正統派で人気ですが、高さがある為に普段使いには難しいとされています。
髪の毛に絡んだり、ストッキングを破いてしまったり、仕事や家事の際に邪魔になってしまうのです。
普段使いにしたいのなら、リングに直接メレダイヤを埋め込んだタイプなら凹凸が少なくて高さもなく、扱いに困ることもありません。

婚約指輪をもらった時のマナー

女性にとって婚約指輪をもらうということは人生の中でも特別なイベントなのは間違いないでしょう。
そしてできるだけ高価な方が喜びも大きくなると思います。
しかし実は婚約指輪はもらいっぱなしではいけないのです。
男性は婚約の約束に贈るものですから贈ったらそれで十分だと思う人も多いようですが、女性はもらった婚約指輪の半額ほどの金額の品物を返すのがマナーとされています。
昔は婚約指輪は給料の三カ月分などと言われていましたが、現在の平均的な相場としては20万から40万円くらいが多くなっています。
ですから半返しと考えると送る品物の金額は10万から20万ということになります。
返す品物としてはスーツやネクタイなど仕事で使えるものも人気が高くなっていますが、定番のアイテムとしてはいつも身につけることができて指輪同様長持ちするということから時計が人気です。
婚約し結婚と長く一緒にいることになるのですから、お互いにマナーを守ることが大切といえるでしょう。